尿膜管遺残症│体験記26│術後朝までが長くて永遠かの様な時間だった(後半)

2018年5月7日

★体験記は、尿膜管遺残症当時(2017-2018)の日記です ( ´ ▽ ` )

12月5日(水)

手術当日(後半)※長いですごめんなさい!

外科の先生が来て下さり
「大丈夫?どーですか?」
とかなんとか聞いてくださったが

とにかく眠いので

「痛いです……」とだけ言った

「そーやろね」

「手術終わったところやからね」

と返され、すぐ去っていかれた

寝て起きてを繰り返す内に意識がだんだんハッキリとしてきた

今何時とかはわからないけど

病室が薄暗い

熱い……

息しにくい

酸素マスクをつけている模様

それに術前につけた点滴もまだしてる……

足にフットマッサージャーみたいな機械がついていて、
ふくらはぎまでを順に圧力で揉んでくれている

これが気持ちいい

退院したらフットマッサージャー買おうかな…

それより熱い熱い熱い
息できない…

初めてコールした

看護師さんが来てくださった

「これ…とっていいですか?息がしにくいです…それからあ、熱いです…」

「これ酸素マスクなんですけど息苦しいですか?先生に聞いて来ますね」

酸素出てるかもだけど
明らかに取った方が涼しくて息吸えるんだもん………

看護師さんが戻ってきて
酸素マスクと毛布?がかけてあったのを取り除いてくれた

おー
涼しくなった……

また眠る

目が覚める

そうだ…
昨日看護師さんが、手術終わったらオムツで
オシッコのチューブが付いた状態で手術室から出てきますって言ってた…

先人のブログでもそんなこと書いてた

手術前に浣腸したって人もいたけど
それはなかったな…

もぞもぞ

あぁぁぁぁやっぱりオムツでチューブがついてる!

まぁ寝てたからチューブつけられる恥ずかしさとかオムツつけられる恥ずかしさはないけど……
(看護師さん、すみません、、そしてどうもありがとうございます)

なんかガパガパして不安だな
漏れたりしないのかな
てかチューブどうなってるんだろう

オシッコしたいってなったらするものなのか、
それとも一定の時間がきたら吸い取ってくれる仕組みなの??

感覚がない

や、ここはあんま考えないでおこう

だって怖いもの! _:(´ཀ`」 ∠):

左手の指にも何か付いている

なんだ?これ

心電図?脈?とにかく何か測る3色の紐が3本
鎖骨あたりと胸あたりに付いていてそれが指のともつながっている
その先に四角い機械がついていた

看護師さんが来てくださった

フットマッサージャーを取り外してくれた
そしてオシッコチューブも取り外すらしい

案外早く取ってくれるんだなぁ

さっきチューブみたら20センチくらい液体(オシッコ)が出てるだけだった
多分そんな出てない

看護師さんが「取りますねー」

と、恥ずかしくないように淡々と
そして素早く取ってくださったが

最後ヒュョエッっと痛みが走った

背筋がぞぞぞっとした痛さだった

…表現しにくいがほんとヒュョエッって感じ…

これが1番痛かった _:(´ཀ`」 ∠):

「着圧ソックスは歩けるようになったら脱いでくださいね
トイレへ行くときは指と胸につながっている機械を首からぶら下げて
指のだけはずしてもらって構いません
戻ったらまた指にはめてください
痛かったら時々指変えて挟んでもらって大丈夫ですよ」

と、説明してくださった

うーん

……オムツもぞもぞするし
なんかこういうのは勢いで行った方がいいんだ!

トイレ行ってみよう!

点滴がぶら下がっているコロコロがついた棒を支えに歩いてみた

案外歩ける

が、トイレに着いた途端
オムツに戸惑う

わーこれどうやって外すの?
え、これ外したらもう一回どうやってつけるの?

無理やり外してトイレしたが

痛かった痛かった痛かったよぉ

_:(´ཀ`」 ∠):

さっきのチューブ外した痛み再来!

怖い!オシッコするの怖いよ…

トイレで座ってたので
立ち上がったら

キター

低血圧アンド貧血

倒れそうなほどカラダ重い…

なんとか点滴の棒を支えにして下を向きながらヨロヨロ帰ってきてベッドに倒れこんだ

ハァハァハァ…… 泣 _:(´ཀ`」 ∠):

あーーー

くっそーーー

点滴の針痛い

もーーーーーーーーー

寝る

起きる

点滴もうすぐ終わりだ

さっきトイレ行った時
オムツからパンツに着替えればよかったな…

廊下の奥からスタッフステーション(看護師さんの詰所)の音が聞こえていた

ピピピッピピピッ

これ、この指についてる心電図っぽい機械と電波で繋がってて、看護師さんが異変がないか見ててくれてたりする音だったりして

この機械、数値が表示されてないもの

きっと詰所の主になる機械には表示されてるんだよ…

指を外して違う指につけてみる

廊下に響く音が変わった

えーーー
まじかも知れない

さっきから鬱陶しくなってきて何回も指を変えていた
その度に向こうにはわかっていたのかも知れない… (´・_・`)

看護師さんがまた来てくれた
点滴をついに外すらしい

やった…

残るは指と胸の機械のみ

寝る

起きる

トイレトライしよう!

だがさっきみたいに点滴の棒がない…

どうしよう…立てるかな?てか
立てても歩けるかな…

低血圧アンド貧血を恨む
明らかに麻酔とかじゃなく、ごはんずっと食べてないせい

母親が買って来てくれたパンを眺めるも食べられる気がしない

お腹は空いてるんだけど…

指のクリップ外して機械首にかけて立ち上がってみる

………やっぱ無理………

バッタリとベッドに倒れこんだ

そのまままた寝る

廊下にはピピピッと機械音

静かだけどうるさい夜の病院
音楽は別の人が看護師さんを呼ぶ音

はぁ……

痛いけど…膿瘍の痛みと比べたら全然ましだ

 

と、12月5日の記録でした ( ´ ▽ ` )

 

スポンサーリンク

-尿膜管遺残症(体験記)
-

Copyright© しおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.