尿膜管遺残症│体験記14│ついに大きな膿の塊が出た!

2018年5月1日

★体験記は、尿膜管遺残症当時(2017-2018)の日記です ( ´ ▽ ` )

10月7日(土)

今日も病院
今日は外科で担当の先生の日
だと思ったら外科で1番偉い先生だった

ちょっと安心した

洗浄と消毒は過去2回くらいしてもらったことがあるけど
それから久しぶりの先生だった

なにやら赤黒ゾーンの穴が塞がりそうになってるらしく
塞がるとまた同じ様に膿んで繰り返す可能性があるらしい

「少し切ります」

………………………

今なんと? _:(´ཀ`」 ∠):

切るって?

ここ診察室で、オペ室じゃないよ?

「とりあえず(ピンセットみたいな先が尖ったやつで)状態を診てみますね」

ちょ、それもイヤーーーーーーっ!

_:(´ཀ`」 ∠):

怖くて目を全力でぎゅんっと閉じる

全身に力入れる

でも1番偉い先生に対して
膝攻撃はあんまりしないようになるべく膝は低く立てた

チクっ

ぐーーーーーいーーーーーーー

はぁぅあ″ーーーーーーーーーーー

想像力の限界

もう穴が引き裂かれてる映像しか頭に思い浮かばない!

頭の中白っぽくなってきた

なんか穴は中まで空いてるらしいけど
なんちゃらかんちゃらで

やぱ切るらしい _:(´ཀ`」 ∠):

恐怖でもう先生のお話し聞いてないし

いつの間にか
担当の先生も来てくれてた

今日お休みじゃなかったの?

とにかくまた目を瞑った

お腹押される

いっっっったーーーーーーーーい!

痛いーーーーーーーーー!

1番偉い先生も痛いくらいお腹押すんだね!泣

目を開ける

担当の先生だった

オマエかーーーーーーーーーーーい!

やぱ痛いほど押すの

担当の先生かーーーーーーーーい!

いつのまに入れ替わったんだ?

白い塊が出たらしい

1番偉い先生と担当の先生が2人で会話している

「大きいの出たね」

「硬いね」

「大きいの、出たよ」

2人でテンションちょっと上がってる模様

知らないよ……………

だってもう泣くんだから _:(´ཀ`」 ∠):

その後
担当の先生が茶色の丸い綿でぺとーーっと薬を塗った

麻酔?らしい

_:(´ཀ`」 ∠):

そういうのあるのなら
今までだって塗ってほしかったよ!

今度は1番偉い先生が

「ちょっとチクっとします」

と言った後何かしていた

多分お腹の表面を切ってくれた

思ってたより痛くなかった

(´・_・`) よかったの極み

「終わったよー」
と言ってくださったので

徐々に力を抜いた

1番偉い先生がガーゼとフィルムまで貼ってくれた

そして明日も病院となった
日曜日だけど

フィルム、イコール
今日はおへその様子が自分では見られないってこと

切った後何か詰めたらしいけど

何? _:(´ཀ`」 ∠):

怖いよぉ

大きい塊が出たせいか

仕事中も終わった後もお風呂入っても
お腹は痛くなくなった

触って押しても痛い部分がないかも?

………………

担当の先生、
痛いことするけど

それのおかげで毎回後に楽になる……… (´・_・`)

本当は感謝すべきなんだ

 

と、今回も長いので、10月7日
1日分のみの記録です ( ´ ▽ ` )

 

スポンサーリンク

-尿膜管遺残症(体験記)
-

Copyright© しおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.